Modern Japanese Style 日本の伝統的な西陣の織技で織られた金襴グッズ

 金襴雑貨調進所 賢翠舎 

ランナークロスをはじめ、テーブルセンターやティーマット、タッセルマット、コースターやタペストリー、ボトルカバー海外土産として

百貨店で大人気!!賢翠舎ファブリックは日欧11か国で愛されています。

説明文

金襴のお手入れ方法

お手入れについて
お手入れが出来るんです。しかも簡単に。(人絹製品)正絹(シルク)の場合、着物や帯と同様に糊引きなどが必要になるので専門業者に任せる必要があります。賢翠舎金襴ファブリックは、あえて人絹(化繊)を使っています。
その理由は、ご自宅でお手入れが出来るからです。水、出来ればぬるま湯で手洗い(押し洗い、たたき洗い)します。※洗濯機、乾燥機は不可あとは、絞って干す。人絹は綿などと比べてしわになりにくいので、叩きながらならすだけいい場合もあるほどです。アイロンが必要な場合は、半乾きの状態で裏からアイロンをあててください。半乾きの場合ノースチームでOKです。
裏からアイロンを当てられるように裏地はあえて綿布(紬調の質感ある綿布)を使用しています。房が付いてる製品は、房が乱れる場合があります。
しかし、お手入れは簡単。霧吹きを 2~3 度房に吹きかけて、手で握って慣らすだけ。霧吹きが無い場合は、手を濡らして慣らせばOKです。
(ヤカンの口から出る蒸気でならすとより効果があります。)

コメントする

名前

URL

コメント

上海セレクション

ページトップへ